ホーム > 交通事故の症状

むちうち症

むちうち症イメージ

むちうち症とは、「外傷性頸部症候群」や「頸部捻挫」と正式にはいいます。
追突時に首や背中への衝撃が加わり、頸部がムチのようにしなることからそう呼ばれます。
むちうち症は関節可動範囲が少なくなり、首の関節や筋肉や靭帯に傷がつき、痛みが出てきます。
事故以外にもスノーボードや体操などのスポーツにより発生することもあります。

むちうち症の症状と分類

むちうち症の症状と分類イメージ

≪頚椎捻挫型≫
首の筋肉や靭帯が損傷により、首から肩、腰、背中の疼痛などの影響で運動制限などが起きる

≪神経根症状型≫
頚椎から出る神経が圧迫されることにより腕のしびれやだるさ、首の痛み、頭痛、吐き気などの症状となる

≪バレ・リュウ症候群型≫
交通事故の衝撃により後部交感神経への損傷や圧迫により、首の痛み、頭痛、耳鳴り、めまい、吐き気、眼のつかれなどが起こる症状
※後から症状が出ることもあるので、まずは病院で診断を受けることをおすすめしております。

新着情報

一覧を見る

2019/07/30

お盆休みのお知らせ



8/12(月・祝) 通常診療 9:00~17:00
8/13(火)   休診
8/14(水)   定休日
8/15(木)   休診


8/16(金)     通常診療

金曜日より通常診療いたします。
お休みの疲れを癒しにお越しください!


2019/05/31

おかげ様で10周年

ご愛顧感謝キャンペーン
特別メニューのお知らせです!

●頭のもみほぐし  
 45分 3,000円

●足つぼもみほぐし
 45分 3,000円

どんなお痛みも
お気軽にご相談ください!